Daydreaming

思ったこと、感じたこと

Phantasien

 f:id:BurnTheWitch:20170723235121j:plain

 異世界転生モノがオタク業界を席巻している。面白いものもあればそうでないものもあるが、とにかくたくさん本やアニメが出ている。何故ブームが起きているのか、少し考えてみた。

 

 受け手側としては、分かりやすくカタルシスが得られる、という部分があると思う。転生者、主人公は往々にして、元の世界に生きづらさを感じている人間だ。そんな人間が違う世界で、誰にもないスキルで人々を救う姿は痛快なのかもしれない。

 書き手側としては、現実世界の調査を行わなくてもいい、という点が大きい。異世界は作者の好きなように法則や常識を設定できるため、膨大な文献にあたって風俗や法律を調べる必要がない。小説を書き始めの若者にとって、物語を紡ぐハードルを下げる要因となっていると考えられる。

 

 私個人としてはあまりこういった物語は好きではない。物語は全てファンタジーであるが、立脚する現実がなければ単なる妄想で終わってしまう。ファンタジーを通じて、現実の問題を浮き彫りにするような物語が私は好きだ。

 また、敵が弱い、という指摘も散見される。魅力的な悪役を書くのは簡単ではないが、かといって主人公を単に強くするのは芸がない。そのあたりは名作と呼ばれる映画やハードボイルド小説から学ぶのが良いだろう。ライトノベルだけ読んでいても魅力的なライトノベルは書けない(もちろん例外はあるが、確率は低い)。

 

 そういえばドリフターズも異世界転移ものだった(あまりそういう文脈で語られることはないが)。

 

 

 

広告を非表示にする

博多とその周辺

 「この前」行った福岡の風景をいくつか紹介しようと思う。

 

母校

f:id:BurnTheWitch:20170715234802j:plain

よくわからないキャラクター

f:id:BurnTheWitch:20170715234855j:plain

ただの餅

f:id:BurnTheWitch:20170715234937j:plain

マトリックスリローデッド

f:id:BurnTheWitch:20170715235235j:plain

福岡には勢いが感じられた。3日もあれば十分楽しめるので行きたかったら行けばいいじゃん(迷い猫オーバーラン)。

 

広告を非表示にする

2017年春クール 映画

f:id:BurnTheWitch:20170613205300j:plain

夜は短し歩けよ乙女

ボーン・レガシー

プレミアム・ラッシュ

「アフタースクール」

モーターサイクル・ダイアリーズ

クワイエットルームにようこそ

グッドウィルハンティング」

まほろ駅前多田便利軒(狂騒曲)」

グッモーエビアン!

「ファンタスティックビースト」

ハドソン川の奇跡

SCOOP!

博士と彼女のセオリー

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

ヒトラー 最期の12日間」

グッバイ、レーニン!

ストロベリーナイト

フォレストガンプ

ガタカ

「茄子 アンダルシアの夏

「茄子 スーツケースの渡り鳥」

「セトウツミ」

深夜食堂

「シェフ!」

タイピスト!」

ウォッチメン

コクリコ坂から

「ローガン」

ボウリング・フォー・コロンバイン

鴨川ホルモー

「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」

2017年春クール 音楽

f:id:BurnTheWitch:20170702110834j:plain

 

Jamiroquai「Automaton」「High Times」

・岸田教団&the 明星ロケッツ「LIVE YOUR LIFE」

花澤香菜「Oppotunity」

GRANRODEO「Pierrot Dancin'」

川田まみ「BEST F」

ゲスの極み乙女。達磨林檎

Linkin Park「One More Light」

Foo Fighters「Greatest Hits」「Wasting Light」「Sonic Highways」

Suchmos「THE BAY」「THE KIDS」「Essence」「LOVE&VICE」

ポルカドットスティングレイ「極彩」「骨抜きE.P.」

・I Don't Like Mondays.「TOKYO」「FASHION」

 

2017年春アニメ感想

f:id:BurnTheWitch:20170630235527j:plain4-6月に見ていたアニメの感想を書いていきたいと思う。

 

アイドルマスターシンデレラガールズ劇場

癒された。本編より面白かったまである。

ロクでなし魔術講師と禁忌教典

主人公が機転で戦うタイプ(さほど強くない)なので好みだった。ヒロインが作中で成長していくのが王道ではあるが見ていて楽しかった。

終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?

サナトリウム的ではあるが全体としてはライトノベル的なボーイミーツガールに終始していた。ヒロインが自分に誠実で良かった。

武装少女マキャヴェリズム

とにかく勢いが凄く台詞回しが上手い。こういうアニメは1クール1本は必要だと思う。

ひなこのーと

エロい…のもさることながら細かいところで笑いを取っていて良かった。彼女があまり本を食べないことには少し落胆した。

正解するカド

話自体は面白かった(予測できなかった)が、それに納得できるかどうかはその人の生き方次第だと思った(私のように世界に居場所のない人は主人公の選択に賛同できないだろう)。

アトム ザ・ビギニング

破滅に向かっていく二人の青春時代が明るく、時に不穏さを滲ませながら描かれていくのが非常に良い。

 

来期はてーきゅう9期に期待している。

広告を非表示にする

ELECTRICAL COMMUNICATION

f:id:BurnTheWitch:20170628213942j:plain

 

 通信の手段には狼煙や手紙、電話などがあるが、今一番使われているのは電子メールや各種SNSなどの通信方法だと思う。私も日常的にこれらのツールを使って友達とやりとりをする。このブログもその一種かもしれない。

 

 (電子的な)非同期通信の発達によって、我々の生活は大きく進歩した。ビジネスマンの中には「時間が取られるから電話をかけてくるな」という人もいるくらいだ。LINEを仕事の連絡に使う事例も多いと聞く。

 

 SNSによる自己表現、コミュニケーションは、多かれ少なかれ自身との乖離を招く。肉体を介さないためか、過度な美化、過度な卑下が往々にして行われる(「嘘松」がいい例である)。当然、私も現実の自分と多少乖離している(普段はこんなにダルいことを考えたり言ったりしない)。

 

 承認欲求に飲まれると、自撮りを上げて叩かれたり、不適切な関係を暴露されて居場所を失うハメになる。SNSを使う者として、心に留めておきたいと日々思う。

 

 「じゃあブログなんて書くなよ」

 

広告を非表示にする

旅の断片

旅先で撮った写真をいくつか載せる。

 

痛バイク
f:id:BurnTheWitch:20170622211747j:image

思い出横丁
f:id:BurnTheWitch:20170622211802j:image

軽井沢の有料トイレ
f:id:BurnTheWitch:20170622211808j:image

金沢駅
f:id:BurnTheWitch:20170622212058j:image

 

今年の夏は台湾に行きたい(余裕があれば)。

 

広告を非表示にする