Daydreaming

思ったこと、感じたこと

大洗にも雨は降るなり

大洗での写真をいくつか紹介する。 ブロンズの鉄板ナポリタン 大洗マリンタワー 例のエスカレーター 社会不適合者たち この日はあいにく大雨が降っていてあまり自由に動けなかった。アウトレットの廃墟感がより強調されていた。資本が変わるらしいので次に期…

Phantasien

異世界転生モノがオタク業界を席巻している。面白いものもあればそうでないものもあるが、とにかくたくさん本やアニメが出ている。何故ブームが起きているのか、少し考えてみた。 受け手側としては、分かりやすくカタルシスが得られる、という部分があると思…

博多とその周辺

「この前」行った福岡の風景をいくつか紹介しようと思う。 母校 よくわからないキャラクター ただの餅 マトリックスリローデッド 福岡には勢いが感じられた。3日もあれば十分楽しめるので行きたかったら行けばいいじゃん(迷い猫オーバーラン)。

2017年春クール 映画

「夜は短し歩けよ乙女」 「ボーン・レガシー」 「プレミアム・ラッシュ」 「アフタースクール」 「モーターサイクル・ダイアリーズ」 「クワイエットルームにようこそ」 「グッドウィルハンティング」 「まほろ駅前多田便利軒(狂騒曲)」 「グッモーエビアン…

2017年春クール 音楽

・Jamiroquai「Automaton」「High Times」 ・岸田教団&the 明星ロケッツ「LIVE YOUR LIFE」 ・花澤香菜「Oppotunity」 ・GRANRODEO「Pierrot Dancin'」 ・川田まみ「BEST F」 ・ゲスの極み乙女。「達磨林檎」 ・Linkin Park「One More Light」 ・Foo Fight…

2017年春アニメ感想

4-6月に見ていたアニメの感想を書いていきたいと思う。 ・アイドルマスターシンデレラガールズ劇場 癒された。本編より面白かったまである。 ・ロクでなし魔術講師と禁忌教典 主人公が機転で戦うタイプ(さほど強くない)なので好みだった。ヒロインが作中で成…

ELECTRICAL COMMUNICATION

通信の手段には狼煙や手紙、電話などがあるが、今一番使われているのは電子メールや各種SNSなどの通信方法だと思う。私も日常的にこれらのツールを使って友達とやりとりをする。このブログもその一種かもしれない。 (電子的な)非同期通信の発達によって、我…

必死に耐える豚

美少女がたくさん出てくるアニメは萌えアニメとも呼称されるが、私は親しみを込めて豚アニメと呼ばせてもらっている。これには「百合アニメ」なども含まれるかもしれない。 私が深夜アニメを積極的に見るようになったのは「PSYCHO-PASS」が始まりだ。それ以…

ギャンブル

私の友人の中には、競馬、パチスロなどのギャンブルに興じる人が何人かいる。パチスロの実機を自宅に所有する人もいるくらいだ。彼らは時に勝利し大金を手に入れ、時に敗北し生活費を失う。「36000円のプリン」「50000円のラーメン」などといった敗北の婉曲…

恋文の技術

森見登美彦「恋文の技術」を読んだ。いわゆる書簡体小説で、手紙の形式で話が進んでいく。主人公が友人たちに手紙を書き続け、くだらないやりとりをするが、大切な人への手紙は出せずにいる―といった内容だ。この作品の面白かったところは、手紙への返信が描…

てーきゅう

私はアニメ「てーきゅう」が好きだ。1話から現在まで欠かさず見ている(と思う)。このアニメについて少し書きたいと思う。 「てーきゅう」は現在8期が放送されている、約2分のアニメだ。主要登場人物はテニス部に所属しているが、テニスが行われることはほと…

奇蹟がくれた数式

映画「奇蹟がくれた数式」を劇場で観てきた。第一次世界大戦中のイギリスにおける、二人の数学者―ラマヌジャンとハーディ―の研究、交流を描いた物語である。ほぼ実話なのでネタバレも何もないのだが、ここではラマヌジャンとその背景について書きたいと思う…

プラダを着た悪魔/マイ・インターン

キャリアウーマンが活躍する映画は、女性の社会進出によって一定の需要が生み出され、働く女性たちの人気を得てきた。タイトルの2作は、どちらもやり手の女社長がキーマンとなる作品であり、両作には女優のアン・ハサウェイが出演している。 「プラダを着た…

古書店

本を買うときの選択肢として、私も電子書籍を考慮するようになった。持ち運びが容易だし、読みたい部分の検索も容易だ。最近は電子ペーパーの購入も検討している。 ただ、電子書籍は時折各社でセールを行うものの、まだ「中古」という概念が薄い。なので私は…

きっと、うまくいく

インド映画に対して、私は「すぐ踊り始める」「何か分からないけど楽しい」みたいなイメージしか持っていなかった。しかし、魅力はそれだけではないことが、この映画で分かった。 「きっと、うまくいく」(3 Idiots)は、2009年に公開されたインド映画だ。イン…