読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Daydreaming

テーマは特にありません

sub/objective

ものの見方には大きく分けて主観と客観がある。主観は「自分ひとりのものの見方」であり、客観は「当事者ではなくの第三者の立場の見方」である(辞書より)。例えば仕事や各種の分析においては、客観的な視点が求められる。主観的にものを考えると先入観やバ…

必死に耐える豚

美少女がたくさん出てくるアニメは、萌えアニメとも呼称されるが、私は親しみを込めて豚アニメと呼ばせてもらっている。これには以前書いた「百合アニメ」も含まれるかもしれない。 リリー、種々の全て - Daydreaming 私がアニメを積極的に見るようになった…

オタクとブログ

約1か月ぶりの投稿になる。ブログを続けること、話題を探すことは難しい。また書きたいことがあっても、ほとんどのことはTwitterに書いてしまうので、ここに書くことは少なくなる。 オタクが続々とブログを始めている。旅のレポート、日々の雑記など内容は…

ジム

最近、ジムの会員になった。キャンペーン期間だったのでかなり安く入れた。 運動不足解消のため、暇を見つけて行きたいと思う。 この前はランニングマシンで5kmほど走った。個人的には割と走れている感覚だったが、その後の筋肉痛と疲労で体力の低下を実感し…

2016年に見た映画

あけましておめでとうございます。 遅くなったが、昨年見た映画(配信も含む)をリストにしたいと思う。 マネーショート 追憶の森 スポットライト 二つ星の料理人 デッドプール シンゴジラ グランドイリュージョン2 ジェイソンボーン 奇蹟がくれた数式 この世…

ゆく年くる年

2016年ももう少しで終わる。今年は個人的にいろいろなことがあった。また、いろいろな作品に触れ、面白さに気づくことができた。 来年もいろんな人に会いたいし、いろんな作品に出会いたいと思っている。Twitterのサービスがいつまで続くかわからないが、来…

今年のアニメ

今年見たTVアニメをまとめたいと思う。とりあえず全話見たアニメを列挙する。 大家さんは思春期!Occultic;Nine -オカルティック・ナイン-彼女と彼女の猫 -Everything Flows-この素晴らしい世界に祝福を!この美術部には問題がある!三者三葉終末のイゼッタ昭和…

ショートアニメ

5分、15分ほどの短いアニメに、最近良さを感じている。てーきゅう、ハッカドールなどの、テンポがよく見やすい作品が多い。 ショートアニメのテンポの良さは、ギャグのリズムを上げ、面白さの向上に繋がっている。中だるみすることなく最後まで駆け抜けるの…

恋文の技術

森見登美彦「恋文の技術」を読んだ。いわゆる書簡体小説で、手紙の形式で話が進んでいく。主人公が友人たちに手紙を書き続け、くだらないやりとりをするが、大切な人への手紙は出せずにいる―といった内容だ。この作品の面白かったところは、手紙への返信が描…

てーきゅう

私はアニメ「てーきゅう」が好きだ。1話から現在まで欠かさず見ている(と思う)。このアニメについて少し書きたいと思う。 「てーきゅう」は現在8期が放送されている、約2分のアニメだ。主要登場人物はテニス部に所属しているが、テニスが行われることはほと…

まほエリ

ガルパンにおける「まほエリ」について考えてみたい。多くの識者はみほまほ、みほエリについて言及することが多い。確かに私もその組み合わせは悪くないと思っている。しかし、あえてここではまほエリを考えてみたいと思う。 逸見エリカが西住みほに作中の序…

腕時計

先日、新しい腕時計を購入した。決して高くないものだが、それなりに気に入っている。最近はスマートフォンで時間を確認することが多くなったが、それでも腕時計をつける必要はある。 腕時計が必要なのは、テストを受ける機会が多々あるからだ。テスト中はス…

秒速5センチメートル

「人は思い出を忘れることで生きていける」とはよく言ったもので、実際人間が昔のことを思い出せなくなるのはそのことに起因しているとしか思えない。「秒速」の主人公の彼は、美化された思い出に囚われて「生きて」いなかった。 「人の一生は重荷を負いて遠…

トランプ

トランプを使ったゲームは各種あるが、その多くが「相手を騙したものが勝つ」仕組みになっている。ババ抜き、ダウト、ポーカーなどはその典型だろう。相手を騙し、ポーカーであればハッタリなどを利用してプレイヤーをドロップさせる。戦力差を心理戦でひっ…

リリー、種々の全て

「日常系」の台頭、もしくは恋愛要素を好まない層の拡大により、女性しか出てこない漫画、アニメ作品が多くなった。「ご注文はうさぎですか?」「ガールズ&パンツァー」など、大きく人気を獲得したものも多い。 これらの作品には男女の恋愛が存在しない―男…

レムナント

新潟県に、湯沢町という町がある。ここは川端康成の小説「雪国」の舞台であり、バブル期にはスキー客が多く訪れ、リゾート開発が進んだ。しかし今では、バブルの残骸だけが残る、活気のない町になっている。豪華なマンションはタダ同然で買える(維持費が高く…

幻影

先日、宇多田ヒカルの新譜「Fantôme」を借りてきた(Google Play Musicになかった)。聴いて思ったことを書きたいと思う。 まず、「歌を聴かせたい」という指向性が伝わってきた。音数、アレンジが以前のアルバムと比べてシンプルになっていて、歌が曲の中心、…

奇蹟がくれた数式

映画「奇蹟がくれた数式」を劇場で観てきた。第一次世界大戦中のイギリスにおける、二人の数学者―ラマヌジャンとハーディ―の研究、交流を描いた物語である。数学者をテーマにした映画は多いが、ラマヌジャンをテーマにした作品はおそらくこれが初めてだと思…

PPAP

今YouTubeで話題の「PPAP」だが、私はあまり面白いとは思わなかった。ただ、なぜ世界規模で受けたのかを考えてみると「面白かった」(興味深かった)ので、書きたいと思う。 歌(?)の最初のフレーズである「I have a pen」であるが、これは我々が英語を最初に…

ラジオ

中学生の頃から、特に理由もなくラジオを聞き始めた。聞いていたのは、「スクールオブロック」「伊集院光 深夜の馬鹿力」だった。 「スクールオブロック」は、中学校で話題になっていたので聞いてみた。当時の私は邦ロックに疎く、この番組のおかげで詳しく…

プラダを着た悪魔/マイ・インターン

キャリアウーマンが活躍する映画は、女性の社会進出によって一定の需要が生み出され、働く女性たちの人気を得てきた。タイトルの2作は、どちらもやり手の女社長がキーマンとなる作品であり、両作には女優のアン・ハサウェイが出演している。 「プラダを着た…

ラーメン二郎

オタクはなぜかラーメンをよく食べる。「二郎からのセイクで優勝せえへん?」のフレーズは記憶に新しいところだが、ラーメン二郎のようなデブラーメンだけでなく、家系、博多ラーメンなど、いつも様々なラーメンを食している。 この前、ラーメン二郎に初めて…

古書店

本を買うときの選択肢として、私も電子書籍を考慮するようになった。持ち運びが容易だし、読みたい部分の検索も容易だ。最近は電子ペーパーの購入も検討している。 ただ、電子書籍は時折各社でセールを行うものの、まだ「中古」という概念が薄い。なので私は…

きっと、うまくいく

インド映画に対して、私は「すぐ踊り始める」「何か分からないけど楽しい」みたいなイメージしか持っていなかった。しかし、魅力はそれだけではないことが、この映画で分かった。 「きっと、うまくいく」(3 Idiots)は、2009年に公開されたインド映画だ。イン…

ジェフリー・ディーヴァー

この作家の名前を知っている人はそう多くないのではないだろうか。彼はアメリカの人気作家であり、日本でも翻訳され広く出版されている―が、なぜか私は彼を知っている(彼の作品を読んだことがある)人に会ったことがない。 彼の代表作は「リンカーン・ライム…

東京ランドスケープ

「景観」は都市を考える上で重要な要素である。例えば旅に出たとき、私はその都市がどう形作られているか、どう景観を守っているかが少し気になる。 ヨーロッパの都市には、建物の高さ、色合い、またアンテナの設置にまで景観規制がなされる場所もある(内装…

そして誰もいなくなった

深夜の誰もいないサービスエリアの雰囲気が好きだ。 夜行バスで一人旅をしていると、休憩でサービスエリアに立ち寄る。そのとき、私はトイレを済ませ、建物の中を歩いてみる。 日中は家族連れなどで混雑していると思われるサービスエリアだが、深夜には最低…

チケット

オタクには「チケット」がつきものである。ライブのチケット、イベントのチケット、握手会のチケット…チケットを手に入れずしてオタクを十全に楽しむことは出来ない。ちなみに私はチケットを必要とするオタクイベントに行ったことがない。 当事者でないので…

デザイン

私には絵心が無い。全く絵が描けないし、造形もできない。 ただそんな私でも、良いデザインに出会うと良い気分になる。 デザインはあらゆるところに在る。音楽アルバムのアートワーク、本の装丁、建築物、ファッション…最近では、都市や生き方をデザインする…

はじめに

Twitterがなくなるかもしれないこと、また知人たちがブログ(に類するもの)を始めたことなどから、私もブログを始めてみようと思った。特に日々がエキサイティングなわけでもなく、趣味があるわけでもないが、読んで下されば幸いである。