読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Daydreaming

テーマは特にありません

ラジオ

 中学生の頃から、特に理由もなくラジオを聞き始めた。聞いていたのは、「スクールオブロック」「伊集院光 深夜の馬鹿力」だった。

 

 「スクールオブロック」は、中学校で話題になっていたので聞いてみた。当時の私は邦ロックに疎く、この番組のおかげで詳しくなったと思う。恋愛の悩みとか、勉強の悩みとか、今になっては取るに足らないようなことで、私もリスナーも悩んでいた。遠くの誰かとラジオを通じて繋がっている感覚は、当時の私にとって新鮮だった。

 

 「伊集院光 深夜の馬鹿力」は、ポッドキャストから知った。TVで見る彼とは違った、毒舌、下劣トークなトークにびっくりしたが、その雰囲気が面白く、毎週聞くようになった。彼の着眼点、頭の回転の速さには、今でも驚かされる。私の思考、会話体系に大きく影響を与えていると思う(話を誇張しすぎるのは悪い癖かもしれない)。

 

 高校を卒業して、私は「スクールオブロック」を聞かなくなった。理由は世代が合わなくなった(対象リスナー層から外れた)から、そして価値観が変わってしまったからだ。少し寂しい気もするが、仕方がないことでもある。あの番組は、ティーンエイジャーのアサイラムなのだから。

 

 

 

広告を非表示にする