読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Daydreaming

テーマは特にありません

恋文の技術

 森見登美彦「恋文の技術」を読んだ。いわゆる書簡体小説で、手紙の形式で話が進んでいく。主人公が友人たちに手紙を書き続け、くだらないやりとりをするが、大切な人への手紙は出せずにいる―といった内容だ。この作品の面白かったところは、手紙への返信が描写されないところだ。主人公の書く手紙から内容を類推するわけだが、その内容が荒唐無稽で、楽しい。どこかで見たことのあるようなキャラクターも登場し、森見ワールドが展開していく。

 

 私が森見作品に触れるきっかけになったのは「四畳半神話大系」のアニメだ。独特の語り口、世界観が癖になり、繰り返しみるようになった。その後友人たちの薦めもあり、いくつか作品を読むに至った。基本的には京都で大学生が悪ふざけをするだけの話が多いが、魅せ方が各作品で違い、どの作品も楽しく読める。

 

 「有頂天家族」の2期があると聞いたので、それまでに「有頂天家族」を読み終えておきたいと思っている。いくら時間があっても、読みたい本は尽きない。

広告を非表示にする