ふしぎデカルト

f:id:BurnTheWitch:20170824205102j:plain

 デカルトが発明、提唱したものはたくさんある(一人の人間の仕事量とは思えない)が、今回は「4つの規則」について考えたい。

 4つの規則とは、デカルトが思考する際に使った方法のことである。

  1. 明証的に真であると認めたもの以外、決して受け入れないこと。(明証)
  2. 考える問題を出来るだけ小さい部分にわけること。(分析)
  3. 最も単純なものから始めて複雑なものに達すること。(総合)
  4. 何も見落とさなかったか、全てを見直すこと。(枚挙 / 吟味)

 

 これはあらゆることを考える際に使える方法である、と私は思った。特に、研究を行う際に役立つと考えられる。ある種の仕事術でもある、といえるかもしれない。

 4番の「枚挙」が最難関だと考えられる―時間的、能力的に完全な枚挙は誰にもできない。現代においては、4番は可能な範囲で外部にやらせるのがいいのではないか、と思っている。オープンソース化などは、その一部を担っているのではないだろうか。

 

 今回は4つの規則は役に立っていない―何故なら思考していないからだ。